愛人契約することの男性と女性のメリットとデメリット

愛人契約することの男性と女性のメリットとデメリット

愛人関係を結ぶ、と聞くと悪いことをしているように感じる事が多いが、不倫関係や、禁じられた恋をするのでなければ、男女どちらにもメリットは感じる。
私も金銭的に余裕があれば、好みの女性と愛人関係をもちたいと思う。
まず、男性のメリットは、こころと体が癒されるという事だろう。
若い女性との会話やデートは楽しい。
忘れかけていた、トキメク心を取り戻すことができる。
体は、風俗に通いつめ、病気のリスクを考えるなら、いっそのこと、愛人関係を結び、高額かもしれないが、お小遣いを援助することで、自分の性欲を満足させることが可能になる。
では、男性のデメリットはなにか?
既婚者であれば、配偶者にバレた時の修羅場は、想像すると恐ろしく、離婚からのきびしい慰謝料という、地獄の人生を歩むことになる可能性がある。
なので、既婚者男性が愛人関係を持つことは、悪だとは言わないが、リスクが大きくおすすめできない。
独身男性でも、恋人がいない事を前提にすべきではないかと思う。
女性のメリットは、風俗などのアルバイトで過酷な労働や、危険な思いをするより、生理的に受け付ける、男性との愛人関係を結ぶことにより、安全とストレスが軽減される。
しかしながら、女性のデメリットは、男性が愛人関係では満足できず、妻と別れるので、結婚して欲しいなどと、迫られた時に、
断る事は、トラブルにならないとも限らない。
また、女性に本当に愛する男性が現れた時に、愛人契約した男性との契約を終わらす時のトラブルも考えねばならないだろう。
愛人関係を結ぶということは、楽しい反面、非常に苦しむこととなることを忘れてはなりませんね。